I'm David Iwanaga, a designer.

6月にロードアイランド美術大学グラフィックデザイン学部を卒業。過去にLandorにてインターンをし、ブランディング、パッケージ、プロダクト、広告デザインを経験。また、空間デザインやVRなどの他分野にも興味がある。

Email | LinkedIn | Résume

Experience: Helvetica

Space design Proposal

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

これは欧米書体のヘルベチカに焦点を置いた企画。ヘルベチカというフォントが持つ個性、他人に与える印象、デザインの詳細、使用頻度など、私たちが日常でどうこの書体と接し、どのような情報を伝えているのかを体感してもらうことを目的としたミュージアムである。

Read More
Return to Top

H2O Garden

Landscape Architecture

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

『水』が持つ三つの形状である気体(水蒸気)・液体(水)・個体(氷)、そして絶対零度を水分子の大きさになりきり、水がもつ各形状を普段とは違う視点から水と接することを目的とした空間。

この庭園では様々な目的に合わせて利用することができ、活発に走り回ることや、友人と座って談笑、またはひとり静かに過ごすなどと、その時々によって必要な空間を利用することができる。庭園は中心部の絶対零度の空間から放射線状に氷、水、そして水蒸気の空間に切り替わっていくデザイン。

Read More
Return to Top

Cultural Festival Discovery

UI/UX DESIGN

祭りなどの催し事を紹介するサイトのリデザイン企画。多くのイベントサイトは色々な情報が乱雑しており、また、ウェブサイトの構造が複雑で求めている情報を得るのに手間がかかってしまう傾向がある。これらの問題点をユーザー目線で使いやすいモバイルとデスクトップ用サイトのビジュアルとシステムを提案。

Read More
Return to Top

Explosion of Emotion

Motion Graphics

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

映画『I AM LEGEND』の映画の主題を分析し、それをアニメーションで表現した作品。
なぜストーリー内で大惨事が起きてしまったのか?なぜ映画でことあるごとに「神」という単語が登場するのか?それらへの答えは人間の発達しすぎてしまった科学文明が踏み込んではならない神の領域へ踏み込んでしまい、その罪深き行いに神の怒りの鉄槌が降りたからではないだろうか。そして罰として人間は太陽のもとを歩けない体にされたのである。
以上のメッセージを込めたアニメーション作品。

Posters

Print

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Read More
Return to Top

Discovering DIN

UI DESIGN

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

DIN書体を紹介する本をデザイン。DINの特徴、歴史、DINのフォントファミリーを解説するエディトリアルデザインの雑誌である。

Read More
Return to Top

Exhibition of Pileated Woodpecker

Exhibit Design

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Pileated Woodpeackerと呼ばれる北アメリカ大陸に生息するキツツキの仲間。彼らはどのような動物なのか、何を食べ、どう暮らしているのかを紹介する展示デザイン。展示会のスペースは実際にこのキツツキが縄張りにしている空間を模し、その動物が暮らしている世界に入り込んで知ってもらう設計。

Read More
Return to Top

No Poster Show

Interactive Film

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

『ポスター』を辞書で引くと「広報や宣伝のために掲示する貼り紙」「比較的大形のもの」「絵・写真・文字などで構成された情報が記載されたもの」などと説明されている。では、これらの説明文の一部を取り除いた存在は果たしてまだ『ポスター』なのであろうか、それとも全く別物なのか。ポスターの辞書的な意味の一部を消し観察する実験。

Acrobatic Maestro

VR Game

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

このプロジェクトはうつ病や愛着障害を患ってしまった人に、意識を前向きになれるように働きかけることを目的とした医療用VRゲームを開発。プレイヤーは、コンサートホールで演奏するオーケストラの指揮者として音楽を作り上げ、演奏を完成させる。クリア要素のあるシンプルなゲームと物語性を加えたものに、現実を塗り替えるVR技術を組み合わせることによって、新しいアプローチの緩和ケア(Palliative care)を試みた。

Read More
Return to Top

Explosion of Emotion

Motion Graphics

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

この二つの作品は映画『I AM LEGEND』を考察したものである。

Read More
Close Window
Return to Top

Part One

一つ目は主人公が映画を通して直面する様々な出来事や事件で起こる心情の変化を、心理学的に区分化された人間の感情をグラフで表した『感情の輪』を元にインフォグラフィックで表したもの。キャラクターは感情の起伏が激しく、時に心に深刻な傷を負い、様々な感情が一斉に爆発するシーンもある。鑑賞者は通常の鑑賞方法ではなく、主人公の心の状態を視覚的に表現したものと主人公の声を聞く。このことで心情の変化のみに集中することでより感情移入を促すことを目指した。

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Part Two

二つ目は映画の主題を分析を行い、表現したアニメーション。なぜ大惨事が起きてしまったのか?なぜ映画でことあるごとに「神」という単語が登場するのか?それらへの答えは人間の発達しすぎてしまった科学文明が踏み込んではならない神の領域へ踏み込んでしまい、その罪深き行いに神の怒りの鉄槌が降りた。そして罰として人間は太陽のもとを歩けない体にされた。以上のメッセージをアニメーションで表現した。

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.

Once upon a time, there was a cute little girl called Holly. Holly was a cute little girl. One day, she wanted to go to Boston for shopping, to choose a clothes that will makes honey happy.